大谷元特許事務所

身近な弁理士
 090-6563-4599
お問い合わせ

横浜で知財セミナーや特許・商標に関するご相談は【大谷元特許事務所】へ~知的財産権が必要な理由~

横浜で知財セミナーや特許・商標・著作権に関するご相談は【大谷元特許事務所】へ

横浜で知財セミナーや特許・商標・著作権に関するご相談は【大谷元特許事務所】へ

横浜で知財セミナーや、特許・商標・著作権に関する相談をご希望の方は、【大谷元特許事務所】にお問い合わせください。予算や事業内容などをしっかりとお伺いし、企業様の実情に寄り添った最適な方法をご提案いたします。

知的財産権の取得に関するご相談はもちろん、「他社の権利を侵害していないか調査してほしい」「自社製品を模倣された」などのご相談まで、知的財産のことならどんなことでもお尋ねください。お客様に相談して良かったと実感していただけるよう、わかりやすく親切丁寧なサポートをお約束します。

事務所は、横浜駅からのアクセスが良好で、神奈川県内をはじめ、武蔵野・町田など地域を問わず幅広く対応しております。今後は、知財セミナーの開催も予定しております。横浜で知財セミナーをお探しの方も、【大谷元特許事務所】までお気軽にご連絡ください。

知的財産権はなぜ必要なのか?

知的財産権はなぜ必要なのか?

知的創造活動によって生み出されたアイデアや創作物を、財産として保護するための制度が知的財産制度です。新製品や新技術の開発には、多大な労力や費用を必要とします。

しかしながら、世に出た製品は、現代の技術を使えば簡単に模倣できてしまいます。知的財産権を取得することで、その財産については他人による模倣を一定期間は阻止できるため、安心して事業活動を行うことができます。

知的財産の中でも、特許や商標は土地に例えるとわかりやすいでしょう。例えば、他人の土地を使用する場合には、使用料を支払う必要があります。勝手に使用すると退去を求められたり、損害賠償を請求されたりする可能性があります。

知的財産権は、土地の所有権と同様、権利を持っていれば、その権利者が利益を得るのです。投資費用を無駄にしないため、そして損害賠償リスクを回避するためにも、一刻も早く権利を取得することが重要です。

また、知的財産権は自社が持つ技術やアイデアを守るだけでなく、攻めの権利として有効活用することもできます。例えば、特許権を活用して製品価値を高める、新事業を立ち上げる、金融機関からの融資獲得、他社に権利を譲渡するといった様々な選択肢があり、場合によっては多額の利益を得ることも可能です。

グローバル競争が激化する中、日本のものづくり産業が世界で競争力を高めるためには、積み上げてきた技術・知恵を知的財産として活用しない手はありません。他社との差別化を図るためにも、知的財産の権利化をぜひご検討ください。

商標・特許に関することなら【大谷元特許事務所】へ

横浜で知財セミナーに興味がある方は【大谷元特許事務所】までご連絡を

事務所名 大谷元特許事務所
住所 〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸1丁目11−1 水信ビル7階
最寄り駅 横浜駅
電話番号 090-6563-4599
アドレス otani@otani-hajime.com
ホームページURL http://otani-hajime.com/

 

2019.10.22 Tuesday